永代供養とは…
亡くなられた方のために、お寺が末代まで祥月命日に供養する読経です。
永代供養に申し込まれますと、年忌法要や春秋の彼岸など、行事の折にご案内が届きます。
お墓との違いは?
直径の子孫が「墓」を継承し、読経供養が可能ならお墓を建てる事が理想です。永代供養の「瑜祇塔」や「樹木葬」は、申込者が事前に指定した永代供養予定者が全て没後は、当寺が供養と管理を行う納骨方法です。※申込者一代限り(後継者を問いません)
「瑜祇塔」を利用した場合、33回忌が過ぎた後どうなりますか?
高徳院が瑜祇塔棚より遺骨を瑜祇塔中央部分に安置読経の後、地下埋葬所に個々埋葬させていただきます。複数供養を申込みの方は32年後、隣同士で埋葬させて頂き位牌は瑜祇塔内に祀られます。
「樹木葬」を利用した場合、33回忌以降に掘り起こしますか?
いいえ、お骨を掘って移すことはありません。
複数名の永代供養の場合、先に亡くなった方はどうなりますか?
最後に亡くなられた方を基準に33回忌(32年)まで利用して頂けます。
永代供養の内容はどうなっていますか?
瑜祇塔内にて春秋彼岸中日、8月16日盆供養、毎月21日高徳院本堂午前中(原則午前9時)に行われます。毎年12月31日更新された故人永代供養名簿に基づき命日には読経が行われます。
檀家にならなければならないですか?
いいえ、檀家になる必要はありません。永代供養は真言宗 高徳院の供養となります。
宗派は問いませんか?
宗旨宗派は不問です。永代供養の読経は、高野山真言宗 高徳院のお経となります。
お墓詣りの際に、お塔婆やお花を手向けたいです。
塔婆等は瑜祇塔内に場所を設けてありますのでご安心ください。
お供物はお供えの後、必ずお持ち帰り下さい。
宗派を変えたので、お経のお勉強をしたいです。
毎月21日原則午前9時に読経が上がり、参列者がお見えであれば法話もあります。また不定期ですが、般若心経の会、高野山参詣、お寺のお話、歴史のお話等々を行っています。
一代墓に申込みしたいのですが、既にお墓を買ってしまっています。
お墓の処分については、お墓のあるお寺に問い合わせて頂くことになります。
仏具を申し込みたいのですが、どうしたらいいですか。
瑜祇塔申し込みの方には供養の必要品として仏具は付属されています。樹木葬の方でご自宅使いの仏具希望時には永代供養受付へお申し出ください。
後継者や親類が居らず、自分の死後が心配でどうしたらいいのか分からない。
永代供養を申込み申込まれた方には、ご葬儀等に関しましても、高徳院専用の葬儀斎場のご案内や、お布施・葬儀の概算費用のご相談も承ります。
既に○○回忌を済ませたお骨を供養する際にはどうなりますか。
亡くなられてから供養を何回忌か行われた場合、お済みになった回忌から33回忌までをお祀りさせて頂いた後より永代、お寺でお祀りさせて頂きます。
先祖代々のお骨はどうしたらいいでしょうか。
係の者にお問い合わせください。
お骨がどこにあるかわかりません。
お墓の近くのお砂をご持参ください。

お電話でのお問い合わせ

仏事・葬儀について
(依頼・お問合せ)
0562-98-830024時間 365日
永代供養について
0120-2020-55AM10:00~PM4:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ用

仏事・葬儀 お問い合わせ用