2018.08.01

住職備忘録

仁王像が修復間近と・・・

今年の春先から仁王像の修復を京都福田巧芸社にご依頼しております。仏師さんからの状況を表す写真を送っていただきました。高徳院山門からの仁王像引き上げは大変困難な作業でしたがさすが京都の仏師さんたちや仏具店の技術でスムーズに搬出が出来ました。青森ヒバ材で平成2年4月富山県井波町で斎藤仏師お一人によるご労作です。同じく井波町の現代の名工山崎竹由師のご紹介の仏師様でした。

   

本日、修復中の仏師様から途中の様子を写したお写真を送信していただきました。8月お盆過ぎには山門に再び仁王立ちをされて寺の中への邪気を妨げ、清浄なる佇まいを守ってくださる仁王様を心待ちにしたいです。「古松鬱蒼として 聖境を巡らし 高徳精舎 黄塵の外 庭上の佳花 香気を送り 薫風 堂に入りて 雲外に直し」昭和14年頃、高徳院にご長期滞在された『大自然道人』の詠まれた漢詩です。今は掛け軸になってお寺に保存されております。黄塵からのお寺の聖境を護る仁王様。藤田保健衛生大学創立者藤田啓介先生に除幕して頂いた仁王像。28年前を思い出します。

お電話でのお問い合わせ

仏事・葬儀について
(依頼・お問合せ)
0562-98-830024時間 365日
永代供養について
0120-2020-55AM10:00~PM4:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ用

仏事・葬儀 お問い合わせ用