2020.01.26

住職備忘録

令和二年 子年

 私の深読みでしょうかね? お寺の中で最近、毎朝交わされる言葉がある。ちょっと奇妙な話かも知れませんが「猫を見ないな、境内にも山中にも」「見ませんね、何処へ行ったんでしょうか?」 朝から妙な会話をしています。でも本当に猫を見なくなりました。昨年秋ごろから私も猫を墓場、近所、境内でも見ていません。以前はお寺の座布団や彼方此方に出ては悪さをしてばかりの猫でした。不自然に居なくなると行方を知りたくなりますが猫には猫の事情があるんでしょう、見なくなりました。

 いいえ、猫は可愛いですが上も下も無く上がり込んで昼寝や座布団、石庭、苔を汚損する、私のお寺にとっては少し可愛くはない猫です。私は猫を飼って数十年の経験がありますので猫の生態も経験上で知った居るつもりですが彼らは何処で何をしているんでしょう、心配です。

 今年は子年であり猫が鼠を追って世間を駆け巡っているんでしょうかね? 鼠に噛みついたコウモリ。コウモリが媒介したウイルス?。鼠を丸呑みしたヘビ、鼠を食べた猫、 変異を渡り歩いたウイルス。推測ですが食物がヒトに影響を与え、人から人への変異で大騒動?? 子年は如何なる年になるのか? 私なりの頭の中を整理を決めていますが、昨日今日の話ではないように思えます。何事もなく過ぎてほしいです。怖い妄想も今宵限りにしたいです。

お電話でのお問い合わせ

仏事・葬儀について
(依頼・お問合せ)
0562-98-830024時間 365日
永代供養について
0120-2020-55AM10:00~PM4:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ用

仏事・葬儀 お問い合わせ用