2020.02.19

住職備忘録

30年と5カ月

 先日 大切に使用していたスマートフォンを落として画面にひびを入れさせてしまいました。「まぁ 仕方ないな」と思っていましたが徐々にヒビは広がり指に引っかかるようになってきました。「保険で修理を」と言われて保険を初めて利用しました。数日すると真新しいスマフォが手許に送られてきました。全く新品の様子なのですが何となく違和感もあり意を決して新しいスマフォに変えました。知り合いが「軽量で快適」と言うので求めたのです。

 行きつけの家電量販店で「ありかすか」と尋ねると「ホワイトだったらある」と言われて早速に求めました。事務手続きに時間がかかりましたが真新しく、前評判の通り軽量で使い勝手もよいようです。お店を出る時、「15年携帯を利用している人が最長でしたが、あなたは30年と5カ月は初めてです」と感想を頂きました。30年程前はアナログ回線で電話が通じない場所、音声が遠くなったり近くなったり、電池のもちも、大きさも相当に進歩しました。またその頃、携帯電話は珍しく電話をしている姿に珍しがられた事も何度かありました。30年は長い歳月でありデジカメも無かった事、大げさな話ですが地球にデジタルと言う隕石が落ちたと評した方がお見えでしたが、今後は人工知能が益々発展を遂げると思います。猛烈な発展は30年後如何なる社会を想定しているのでしょうか? 穏やかに毎日を過ごしたい私の昨今です。

お電話でのお問い合わせ

仏事・葬儀について
(依頼・お問合せ)
0562-98-830024時間 365日
永代供養について
0120-2020-55AM10:00~PM4:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ用

仏事・葬儀 お問い合わせ用