高徳院の歴史
高徳院は真言宗開祖弘法大使の高野山(和歌山県)において9世紀に「高貴徳王菩薩」を本尊とした寺院として建立されました。
明治時代に入り行政による寺院の整理が進む中、桶狭間合戦の戦没者の供養とこの地での布教のため明治26年高野山より愛知県
豊明村(現豊明市)に移転され現在に至っております。
四季を愛でる 高徳院フォトギャラリー
地元写真家によるフォトギャラリー

撮影:写団ホワイト 小松孝泰氏、松島秀夫氏

イメージムービー


高徳院の散歩をしませんか?











お問い合わせ

香華山 高徳院

お電話でのお問い合わせ0120-2020-55

お問い合わせフォーム

0120-2020-55